灰と幻想のグリムガル 1巻

2018.01.11 Thursday

0

    JUGEMテーマ:本の紹介

     

    今日は「灰と幻想のグリムガル」を紹介させていただきます。

     

     

    今更ですが、すでにコミックやTVアニメにもなりました。

    評価は人によって分かれるところだと思いますが、個人的には大好きな作品です。

     

     

    設定は、ライトノベルではよくある「異世界に行ってしまった」系です。(一度死んじゃう転生ものではない)

    異世界に入ってしまうところからスタートするため、「なぜその世界に入ってしまったのか」は謎です。

    この記事を書いている2018年1月現在、すでに11巻まで発売されていますが、そこについての言及はないです。

     

    この作品のいいところは、主人公たちが特殊能力を持っているわけでもなく、特別強いわけでもなく(むしろ弱い)、ちょっとしたモンスター相手にビビりながら戦うところです。

    「もし自分がそういう環境に置かれたら」と思うと、理想は剣でバッタバッタと敵をなぎ倒すことなんですが、実際やっぱりビビっちゃうと思うんですよね。

    そういうところがよく表現されていると思います。

     

    地に足のついた異世界での生活を見る作品なので、「こんな大きなことをした!」というようなことはないし、主人公たちの成長もすごく地道です。

    その分、主人公たちの行動を追体験しているような感じがするので、この1巻は非常に好きですね。オススメです。

     

     

    超個人的評価:★★★★★