よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話

2018.01.19 Friday

0

    JUGEMテーマ:本の紹介

     

    今回はちょっと変わった本をご紹介します。

     

     

    少し前にYahooニュースか何かで取り上げられていて、その際に、読んでみたいような、触れない方がいいような、微妙な距離感を感じた本です。

    宗教が関係すると、どうしてもちょっと身構えてしまうところがあります。

     

    余談ですが、個人的にはレイキなどスピリチュアルなものの存在とか効果は認めていますが、宗教は嫌いです。

    他の人が信じるのは自由だと思っていますし、教義自体は学ぶところが多いとは思いますが、自分は特定の宗教に属したいとは思いません。

    宗教とは、考え方の芯みたいなものだと思っているんですよね。

    ただそこに「宗教団体」というものが存在すると、急にお金のにおいがするのが・・・。

     

     

    話がそれましたが、この「よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話」は非常に興味深い本になっています。

     

    作者であるいしいさやさんのお母さんが所属している宗教団体そのものも、なかなか尖った考え方をしていますが、個人的にはそういうところよりも、「個々人はあくまで単純に幸せでありたいために入信しているし、広めようとしているところ」という点に驚きを感じました。

    そういう思いでいるのは当たり前といえば当たり前なのですが、ベルトで子供のお尻をぶつような行為も、憎さや暴力性があって行っているのではなくて、あくまで愛する我が子をただしく育てたいという愛情で行っているのです。

     

    もしお母さんが信じているものが違っていれば、つらい思い出をすることもなく、本当に愛情に包まれていたのではないか、と思うわけです。

     

    こういう体験も、文字だけではなく、やわらかめの絵柄で、漫画という形で表現されていることで少し読みやすくなっています。

     

     

    作品自体はまだ継続されているようなので、2巻が出たらまた買ってみようと思っています。

     

    超個人的評価:★★★★☆

     

    プリズナートレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ

    2018.01.17 Wednesday

    0

      JUGEMテーマ:本の紹介

       

      今回は筋トレの本をご紹介します。

       

      世の中、筋トレの本はごまんと出ています。

      「〇〇トレーニング」とか、「あの〇〇さんが実践した〇〇」のようなものが山ほどあります。

       

      今回紹介する本 「プリズナートレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ」 タイトルだけ見たら、まさに〇〇トレーニングですね(^−^;

       

      しかも

      本の表紙が、週刊チャンピオンで連載中のバキという漫画の登場人物(ビスケット・オリバ)です(^−^;

      悪い意味で目を引きます(笑)

      「こんなレベルを目指す本なの!?」と思っちゃいそうですね・・・。

       

       

      ただ内容は非常によいです。

      概要としては、監獄の中で、囚人たちが行っているトレーニングとして紹介してあり、一般社会ではジムに通ったりできるが、何もない中で強さを手に入れるために今なお実践されているトレーニングになります。

       

      これだけだと「ふーん、そうか」という感じですが、個人的には以下の点が気に入っています。

       

      1. 6系統のトレーニングを、超初級から実践する内容になっている
        • 関節なども鍛えて、けがをしない体をつくるためにも、簡単なところからスタートせよ、というメッセージが込められている。(現在の筋力的にクリアできれば飛ばしていいというわけではない)
        • この6系統のトレーニングで全身を鍛えられるので、こなすメニューがシンプル
        • レベルに応じて10段階あるので、人によって求めるレベルまでやればよい
      2. 自重トレーニングを行うため、ダンベル等の道具が不要だし、ジムに行く必要がない
        • ぶら下がるためのバーだけは必要そうですが、これはある程度のレベルに達してからでよいので、すぐに買う必要はない
        • ジムに通ったり、追加の費用が不要なのがありがたい
        • 自宅でやれるトレーニングなので、「ちょっと5分だけ」というやり方も可能

       

      特にジムは、自分も以前登録していましたが、仕事が忙しくていけなかったりということが多々あります。

      しかも「10分だけトレーニングするために、ジムにいくか!」とはならないですし。

       

      今の健康維持だけではなくて、将来も元気に歩ける体でいなければ!と思うと、無理なく続けられるトレーニングが一番です。

      オススメです。

       

      超個人的評価:★★★★★

       

      灰と幻想のグリムガル 1巻

      2018.01.11 Thursday

      0

        JUGEMテーマ:本の紹介

         

        今日は「灰と幻想のグリムガル」を紹介させていただきます。

         

         

        今更ですが、すでにコミックやTVアニメにもなりました。

        評価は人によって分かれるところだと思いますが、個人的には大好きな作品です。

         

         

        設定は、ライトノベルではよくある「異世界に行ってしまった」系です。(一度死んじゃう転生ものではない)

        異世界に入ってしまうところからスタートするため、「なぜその世界に入ってしまったのか」は謎です。

        この記事を書いている2018年1月現在、すでに11巻まで発売されていますが、そこについての言及はないです。

         

        この作品のいいところは、主人公たちが特殊能力を持っているわけでもなく、特別強いわけでもなく(むしろ弱い)、ちょっとしたモンスター相手にビビりながら戦うところです。

        「もし自分がそういう環境に置かれたら」と思うと、理想は剣でバッタバッタと敵をなぎ倒すことなんですが、実際やっぱりビビっちゃうと思うんですよね。

        そういうところがよく表現されていると思います。

         

        地に足のついた異世界での生活を見る作品なので、「こんな大きなことをした!」というようなことはないし、主人公たちの成長もすごく地道です。

        その分、主人公たちの行動を追体験しているような感じがするので、この1巻は非常に好きですね。オススメです。

         

         

        超個人的評価:★★★★★

         

         

         

        キノの旅 the Beautiful World 1巻

        2018.01.04 Thursday

        0

          JUGEMテーマ:本の紹介

           

          先日本屋さんに行ったときに、ライトノベルのコーナーで平積みされていたので、1巻をKindleで買いました。

           

           

          Kindleはいいですね。

          かさばる本を持ち歩かなくても、いつでも本を読めます。

          Kindleを導入してから、読書の量が増えました。(つまり、本の支出が増えました・・・)

           

          そして、ライトノベルも結構好きです。

          ビジネス書もよく読みますが、ライトノベルはあまり深く考えずに情景だけを想像しながらつらつらと読めます。

          普通の小説よりも、異世界みたいな話の方が、違う世界観を味わえるので好きです。

           

           

          で、キノの旅の話。

           

          Amazonでも出てるので引用しますが、冒頭が以下で始まります。

           

          「キノはどうして旅を続けているの?」

          「ボクはね、たまに自分がどうしようもない、愚かで矮小な奴ではないか? ものすごく汚い人間ではないか? なぜだかよく分からないけど、そう感じる時があるんだ……でもそんな時は必ず、それ以外のもの、例えば世界とか、他の人間の生き方とかが、全て美しく、素敵なものの様に感じるんだ。とても、愛しく思えるんだよ……。ボクは、それらをもっともっと知りたくて、そのために旅をしている様な気がする」

           

          なんだか妙に文学的なにおいを感じました。

           

          その後読み進めていくと、主人公キノ(女の子)と、しゃべるバイク(エルメス)が旅をする話なんですが、1つの話が「とある国に三日だけ滞在するキノと、その国についての話」で、やっぱり文学ぽいというか、「人の痛みがわかる国」「平和な国」というような国の実態と、そのタネ明かしという流れの繰り返しです。

           

          個人的には、前述したとおりラノベは好きな方なんですが、こちらはどうも肌にあいませんでした。

          残念ながら2巻には手をだせそうにないです。

           

           

          超個人的評価:★☆☆☆☆